MENU

Momentのレンズを今買うべきかどうか。

f:id:Zabilio:20211010125515j:plain

最近Momentのレンズをポツポツと購入していて、前回スターターキットでケースやらリアキャップやらを手に入れたことでおおよそ自分の買いたい物は揃ったかな、という状況になりました。

私はiPhone12を使っているため、Raw撮影できるカメラが広角レンズしか無い (超広角はサードパーティー製アプリを使ってもRaw撮影できない) のでMomentレンズで画角を調節することに意味を見出していました。

ところが、果たしてProを購入していたらどうだったのかが気になったので、自分のiPhone意外にPro系でできることも調べてみた上でMomentレンズが便利なのかどうか自分なりに考えてみました。

最近のiPhoneは本体だけで超広角から望遠までカバーしている

見出しの通り、最近のiPhoneはProであれば3眼のレンズを持っていたりしているので、本体だけで広角 (iPhone12だと26mm相当) を基本として、超広角 (同じく13mm相当) から望遠 (同じく52mm相当) まで広い画角をカバーしています。

その上、カメラアプリの機能で中間の画角もカバーできるみたいなので、死角なしのような印象すら持ちます。(Rawデータがどの様になるかは分からないのですが…)

f:id:Zabilio:20211010154429j:plain

我が家の古びたエアコンを広角側にズームしている様子

こうなってくると「外付けレンズで画角を調整する必要がいかほどあるか」というところに疑問が出てきます。この先更にiPhoneでできることが増える気もしますし…。

iPhone12でMomentレンズを購入して、次に買い換えるときにはもうサヨナラになるとちょっと残念な気がします。

外付けレンズは×2とかで考えるっぽい

Appleのサイトを見るとMomentのレンズも販売していて、そこに日本語で説明が書かれていました。(日本語大事)

iPhoneの望遠レンズにMomentの望遠レンズを装着すると4倍の光学ズームになるようです。

アップルストアでの商品リンクを貼っていたのですが、ページが削除されたようです※

Momentのレンズは"18mm"とか"60mm"とか銘打っているので「何倍」という考え方ができなかったり広角レンズ意外には対応していなかったりするのかと思っていましたが、カメラのコンバージョンレンズとかみたいに"元のレンズ画角 × 外付けレンズの倍率"みたいに考えればいいみたいですね。

MomentのPro用ケースでは望遠カメラ側にもマウントが付いているみたいなので、「せっかく購入した望遠レンズが意味を成さない」という状況にはならないみたいです。

f:id:Zabilio:20211010123216p:plain

AmazonのiPhone11ケース販売画面。望遠にもマウントがついてる。

機能が重複するレンズもある

とはいえ、Proシリーズでは超広角レンズがRaw撮影に対応していたり13シリーズからはiPhoneにマクロ撮影機能が備わったりと、iPhoneのグレードをアップしておけば効果が薄れるレンズというのもあるように見えます。

私自身がProのカメラを実際には使っていないことと、Momentレンズにも使っていないレンズがあることを前提に自分の印象を書くと、以下の印象を持っています。

無印 / mini

  • 広角レンズ: 本体の超広角カメラでRaw撮影ができないので、あると広角のRaw撮影ができるようになる
  • 望遠レンズ: 本体に望遠カメラがないので、あると2倍の望遠撮影ができるようになる
  • 魚眼レンズ: 本体に魚眼カメラがないので、あると魚眼の撮影ができるようになる
  • マクロレンズ: 13シリーズだとマクロ撮影ができるので、機能が重複する
  • アナモルフィックレンズ: あるとアスペクト比が異なる撮影ができる

Pro / Pro Max

  • 広角レンズ: 本体の超広角カメラでRaw撮影ができるので、機能が重複する
  • 望遠レンズ: 本体に望遠カメラがないので、あると2倍の望遠撮影ができるようになる
  • 魚眼レンズ: 本体に魚眼カメラがないので、あると魚眼の撮影ができるようになる
  • マクロレンズ: 13シリーズだとマクロ撮影ができるので、機能が重複する
  • アナモルフィックレンズ: あるとアスペクト比が異なる撮影ができる

Proだと利点が少ないレンズも出てくるものの、望遠や魚眼はまだまだ遊べる気がします。

利点が大きいのは無印とminiのシリーズで、特にminiなんかでは本体サイズが小さいというminiの利点を得つつ、カメラ側の機能はMomentレンズで補強して遊ぶという使い方ができるのでメリットが大きい気がしています。

※利点が少ないとは書きましたが、デフォルトの超広角13mm/f2.4とMomentを使った18mm/f1.6だと写る絵もそれなりに違う気はします(^^;)

こちらで撮って出しの写真を比較しているので、よければご参考ください。

 

zab-log.hatenablog.jp

 

この先更にiPhone側の機能が充実することで機能が重複するレンズも増えるかもしれませんが、現時点で無駄なことをしているわけではないと思うことにしておきますw

まとめ

iPhone12購入後にiPhoneカメラの楽しさに目覚めてMomentレンズを購入し始めたのですが、「そもそもProを購入しておけばMomentレンズは不要だったのではないか」、「買い替えでProのシリーズに以降した場合、今購入しているレンズは不要になるのではないか」という恐怖にかられ、既存iPhoneの機能に対して機能が重複するレンズがどの程度あるかを確認してみました。

仮に13のProを使っていたとしても、望遠、魚眼、アナモルフィックレンズあたりは機能の重複無く楽しめそうに思います。

また、miniのシリーズであれば本体を小型にしつつカメラの機能はMomentレンズで補強して楽しむという使い方もできそうです。

リーク情報だと14miniは登場しないという噂もありますが…、13miniに手を出すかどうかは購入する時に考えようかと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。